2007年02月03日

六本木に国立新美術館が開館!

 六本木に国立新美術館が開館
六本木に国立新美術館が開館!
























 今月21日、六本木に国立新美術館が開館しました。建築家の黒川紀章さんが設計を担当し、波打つガラスの外観が話題になっています。国立美術館の新設は77年の国立国際美術館(大阪市)以来、30年ぶり。展示スペースは国内最大級の1万4000平方メートルを誇ります。新美術館は既存の国立4館とは違い作品の収集・所蔵は行わず、企画展開催や美術団体への会場提供に重点を置くとのこと。デパートの美術館と何が違うんだ?美術館としての意義は?という疑問が投げかけられました。最初の企画展「20世紀美術探検」では、セザンヌ、ピカソから現代まで作品600点が展示されています。
 (次は私が撮影した新美術館を動画で見てみましょう。YouTubeをクリック!)











 ココからは動画の解説デス・・・歩いていくとビルの陰から新美術館が見えてきます。横断歩道へ向かう途中、細〜いビルを見上げていますが、次に遠くのビルを眺めています。そちらが六本木ヒルズ。ここから5〜6分の距離です。さて、歩道を渡るといよいよ美術館の建物へ近づきます。チケット売り場を過ぎ再びヒルズを眺め、玄関へ向かうかと思いきや振り向いたりして、、、遠くのビルにズームしていますが、それが防衛庁跡を再開発した東京ミッドタウンです。(ここから3分、3月末オープン)さて、今回は外観のみで、お・し・ま・い。。。



春ですね〜!?











 事務所近くの小さな公園にも、もう花が・・・
posted by チャレンジャー at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。